野球部

 

埼玉県立川越西高等学校硬式野球部

1 スタッフ
 部 長  杉本
吉彦(数  学)

  監 督  中野忠司(保健体育)

  顧 問  小池 祐(国  語)

  トレーニング   横田浩幸(外部契約)

2 川越西高校硬式野球部活動方針及び活動内容

     目 的  野球を通して体力、精神面を鍛え、人間的に成長することを目指す。

                       ・体力の向上・健康の増進を目指すとともに生徒の自主性、協調性、責任感、連帯感などを育成し、自ら人間性を豊かにできる能力を培うようにする。

        ・野球の高い水準の技能習得や競い合いに挑戦し、技能・記録の向上を目指し、部員同士や顧問との密接な人間関係を築き、豊かな人間力を育てる。

     目 標    甲子園出場

     活動内容 ・練習時間:基本的に平日は3~4時間、休日は1日練習

              ・練習内容:朝練習、グランド整備…8:008:25(自主練習)

                              強化期間練習…7:008:15

                       本練習…15:3019:30(全体練習)

                   3月~11月は野球シーズンの練習
                  12月~2月はオフシーズンの練習

                           ※1年生は当分の間は上級生とは別メニュー



3 入部にあたっての心構え

意識改革:中学校野球と高校野球の違いを早く認識してもらいたい

               ・目的、目標の意味を十分理解し努力する。

・文武両道(学業と野球の両立)を目指す。

       ・学校生活をきちんと送る(勉強、掃除、クラスの仕事など)

               ・練習量、練習時間の違い

               ・高校野球は非常に注目をあびるスポーツである。

                 マスコミ、学校、世間一般などにおいて注目度が高い。

                                 

                 いい加減な行動は他の者、部全体に迷惑をかける。

                 生徒指導上にかかわることは絶対にしない。(喫煙、飲酒、暴力、万引、バイクなど)

               ・礼儀(返事、挨拶など)、言葉使い

体力づくり:体力づくりはトレーニング、栄養、休養が必要。

               <トレーニング>

                 ・専属のトレーナーにより計画的にトレーニングを実施。

        ・練習メニューに従って正確に行う。

                 ・無理せず、手を抜かないで根気強く行う。

                 ・基本を忠実に、継続して行う。

 

               <栄 養>

                 ・3度の食事をしっかりとる。

                 ・好き嫌いをしない。

                 ・食事に偏りがないようにする(バランスの良い食事)。

                 ・カップ麺、ファーストフード、スナック菓子、炭酸飲料を避ける。

                 ・練習中の捕食(おにぎり)…各自米持参、マネージャーが作る

          ※特にお弁当を持たせていただきたい。

               <休 養>

                 ・自分の体は自分で把握する。  

                 ・時間を有効に使う。

                 ・睡眠をしっかりとる。

                 ・健康管理は十分に注意をはらう。

4 野球部の主な実績

     <H22年度>  春季高校野球埼玉県大会ベスト16

     <H27年度> 第97回全国高等学校野球選手権埼玉大会ベスト16

5 野球部員の進路先(過去2年間)

<H27年度> 城西大学(5)、東京消防庁、埼玉県警、埼玉医大付属看護専門学校

<H28年度> 大東文化大学(2)、淑徳大学(2)、獨協大学、国士舘大学、共栄大学

          埼玉県警、西武鉄道、文化学園大学短期大学部、淑徳大学短期大学部

6 家庭と顧問との連絡

    ・本人に変化がおきた時には何でも結構ですので連絡を頂きたい。

    ・家庭において会話を十分にとって頂きたい。

7 費用について

    ・遠征合宿(春、夏)の実施。

    ・校内合宿は必要に応じて行う。

    ・練習試合の移動費(各自集合、バス)

  ・栄養・トレーニング費

8 父母会との連携

     野球部の活動にあたって、物心両面において保護者の方々に協力を得ている。

日誌