日々の活動記録

男子ソフトテニス部 新人大会西部地区予選(団体戦)

 9月17日に、新人大会西部地区予選の団体戦が行われました。

 個人戦の上位3ペアの結果によって、第5シードからのスタートとなりました。
 初戦の城北埼玉高校戦では緊張からか、個人戦で県大会出場を果たしたペアが敗れました。
 続くペアが県大会出場がかなわなかった悔しさを、声に出して気持ちを振り絞り、なんとか1-1まで試合を戻すことができました。初戦は3ペア目に大将ペアであったため3ペア目はきっちりと決めてくれました。
 その後、飯能南高校、坂戸西高校を ②-0 で破り、川越東高校との対戦となりました。2ペアとも第1ゲームは先取したものの、健闘むなしく 0-②で敗退となりました。
 3位決定戦では、昨年度の県インドア大会でベスト4、そしてこの春の関東大会に個人戦で出場している埼玉平成高校との対戦でした。夏前の練習試合では大きく負け越している相手で、何とか本番では勝ちたいと夏休み努力してきましたが、急きょケガによる出場メンバーの変更もあり敗退となりました。

 それでも、2年ぶりのベスト4、第4位となりました。上位3校は私立高校です。西部地区の公立では1番の順位でしたが、私立高校に負けないようにこれからも努力していきます。応援の方もチームのために大声で応援していきます。ご声援、ありがとうございました。県大会に向けて頑張ります。 【文責:副部長】

 詳しい結果は 埼玉県高体連ソフトテニス専門部ホームページ
   
 
 
 

 団体戦メンバー
  吉住 昂輝(川越市立第一中)   渡邉 渓(狭山市立入間野中)
  齋藤 敦希(和光市立大和中)   大野 真(日高市立高萩北中)
  池谷 高輔(川越市立寺尾中)   加藤 拓実(坂戸市立城山中)
  長谷川 裕也(坂戸市立住吉中)   中陦 慶人(川越市立第一中)