【3年:家庭科「生活と福祉」】福祉の仕事「出張介護授業」(車いす体験)

10月27日(火)6限目に、3年生選択家庭科「生活と福祉」の授業で、埼玉県社会福祉協議会を講師にお招きし、福祉の仕事「出張介護授業」を行いました。

「福祉とは」から始まり、実際の現場で働く講師のお話を伺い、最後に生徒自身が介護される側と介護する側になり、「車いす体験」を行いました。

高齢者をはじめ、車いすを利用する人の立場になり、いかに安全に車いすを押すことができるか、そして、いかに安心して車いすに乗ってもらうことができるかについて、実習しました。

初めて扱う車いすに悪戦苦闘しながらも、困っている人にどのように声をかけたらいいのかそれぞれ考えて実習していました。最初は照れ気味に声を掛け合い介助していましたが、最後は笑顔で声をかけ、お互いの信頼関係が大切だと気づいた実習になりました。