霞ヶ関西小「命の授業」を本校生徒がアシスト

2月7日(金)、霞ケ関西小学校で6年生を対象に埼玉医科大学総合医療センター救急科の先生による「命の授業」が行われました。この授業は命の大切さや心肺蘇生の技術を学ぶことを目標としています。この授業の中で小学生にお手本を見せるアシスタント役を、本校の3年生6名が担当しました。救急救命士の先生から指導を受け、心臓マッサージやAEDの使い方を小学生に示したり、小学生の実技にアドバイスしたりしました。日本AED財団、川越市教育委員会、NHK、読売新聞社など多くの方が見学する中で、本校の生徒はそれぞれの役割をしっかり果たし、高い評価をいただきました。