【3年:家庭科「栄養」】日本料理体験実習

10月27日(火)5・6限目の3年選択家庭科「栄養」の授業で、武蔵野調理師専門学校の先生を講師にお招きし、「日本料理体験実習~プロの知識と技術を学ぶ・魚のおろし方~」が行われました。

今日は、「鰺フライ」と「鰺の南蛮漬け」、「鳥めし」と「かき玉椀」の調理実習でした。

講師の調理に対する豊かな知識と、華麗な包丁さばきに感動しつつ、実際に鰺を三枚に下ろすところから始まりました。

講師のアドバイスをもらいながら、恐る恐る鰺を下ろしている姿が印象的でした。初めて生の魚を調理する生徒も多い中、上手に捌くことができました。

校長も実習に参加し、最後はみんなでおいしくいただきました。

(講師の作った見本の鰺フライをいただきましたが、身がふっくらしており、プロの味に感動しました。)