ちょっと良い話

 7月29日、本校ダンス部1年生の外口琢人くん、須賀剛志くんの2名がコンビニで迷子になっている小学生を保護しました。部活動の帰りに、コンビニの駐車場で泣いている小学生を発見した二人は、小学生にスマホを見せながら情報を聴きだし、迷子になっている児童の小学校名を確認。たまたま、近くにその小学校のPTA副会長さんが居合わせ、とりあえず小学校に送ってもらう手はずを整えました。コンビニの店長さんから本校にお礼の連絡があり、二人の善行が学校に伝わりました。
 やるね、西高生!(^^)!