笑下村塾による政治教育を実施

 7月16日に(株)笑下村塾から講師を招き、政治的素養を育む教育を行いました。笑下村塾は「笑いで世直し」をミッションに掲げ、身近な社会問題を「お笑い」で楽しく伝えることで社会をより良くしていこうという活動をしている会社です。
 今回は、マセキ芸能社所属のジグザグジギーさんが講師を務めてくださいました。生徒が18歳の高校生、24歳の会社員、45歳の主婦、65歳の会社社長、80歳のおばあさん役に分かれ、「選挙権を50歳以下は廃止」「大学無償化」といった問題について討論してから実際に投票します。その投票結果が、人口ポイント、投票率によって逆転することを伝えていただきました。このことによって、若い世代が投票に行かないと、高齢者に向けた政策が中心になることを学びました。若い世代が生活しやすい社会をつくるには、まず自分たちが選挙で投票することが、大切であるというメッセージを伝えていただく貴重な時間となりました。