日誌

2018年10月の記事一覧

グループ稽古4日目

 基礎トレ、屋上での発声練習。
 昨日より僅かに日の入りが早くなっていて、
 もうしばらくしたら、
 明かりのない屋上は使えなくなるかも知れません。
 そしてグループ稽古。
 今日は、『ホノカな恋』チームに
 顧問が加わりました。
 どうやってテンションを上げていくかが
 課題であることが確認されました。

部日誌より
 セリフを覚えることはもちろん、テンションを上げられるよう
 に日頃から練習していきたいと思います。   N
 
0

グループ稽古3日目

 発声練習は、今日も屋上でできました。
 西の空に夕陽が沈み、
 富士山のシルエットが浮かんでいました。
 今日のグループ稽古では、
 散者面談チームに顧問が加わり、
 読みの直しというか意見を言って、
 固まってしまう表現を広げる方向で、
 検討しました。

部日誌より
 個人的に、今までの台本とは違う難しさで苦労しています。
 同じセリフや言いまわしの多い台本なので、本気でやばいと
 思いました。時間を大切に頑張りたいです。 O
 
 


 
0

グループ稽古2日目

 稽古が始まって3日目ですが、
 まだ声が戻りません。
 長音を長く続けられず、
 滑舌は噛みまくりです。
 で、今日も基礎トレ後はグループ練習です。
 それぞれ2人だけの練習なので、
 まだどうやればいいか戸惑っているグループもあります。

部日誌より
 2回目のグループ稽古をして、2日間休日になるので、
 アドバイスし合ったことなどを意識して
 セリフを入れていきたいです。   W
 
0

グループ稽古

 基礎トレ後、グループ稽古となりました。
 『散者面談の母(面談中)』作:平良美菜
 のグループは、アトリエ(視聴覚室)で練習しました。
 一方、
 『ホノカな恋 (友達 女子ver.より)』作:唐錦
  のグループは、基礎トレ室(小講義室)で練習しました。
 どちらも20分程度の2人芝居です。
 それぞれのグループの稽古の違いが面白かったです。

部日誌より
 初めてのグループ稽古でした。お互いに気になる
 所などを言い合えたのでどんどん良いものに
 仕合げていきたいです。   T
 
0

活動再スタート

 中間考査が終わりました。
 なので、活動再開。
 基礎トレをしてからお昼休み。
 発声練習がだいぶダメでした。
 長音が続かないのと滑舌例文で噛むのと。
 顧問が修正した台本を読んで、
 さらなる変更をグループごとに検討し、
 最後に1つの台本の題名を考えました。
 明日からはグループごとの練習になります。

部日誌より
 明日からグループごとに練習することになるので、
 気持ちを切り替えて取り組んでいきたいです。 N
0

考査前、最後の稽古

 台本も決まり、
 キャストも決まったので、
 基礎トレ後にビデオを見ました。
 『TWO』作:成井豊
 1996年の作品です。
 DVDではなくVHSです。

部日誌より
 ビデオ視聴がやけに久々に感じました。
 私が主人公と同じ立場だったら怒られてでも
 力を使うと思います。
 テスト明け、冬の本番に向けて練習できるように
 体を休ませたいです。 O
0

キャストが決まりました

 2人芝居の配役を決めるのに、
 オーディションをしました。
 2人が同じ役を希望しているからです。
 その2人でその2人芝居を演じることは、
 既に決まってるので、
 役を入れ替えて2回読んで、
 どちらの配役が適しているか投票で決めました。
 投票の結果、2対1で配役が決定しました。

部日誌より
 オーディション形式は始めてできん張しましたが、
 ぶじに全員の役が決まってよかったです。 W
 
 
 
0

もう2本台本を読みました

 4階から5階へ上がる階段の踊り場に、
 演劇部のパネルを設置しました。
 基礎トレ後2本の台本
 を読んで、
 『散者面談の母(面談中)』作:平良美菜
 『友達(女子ver.)』作:唐錦
 を上演することになりました。
 明日は、配役を決めます。

部日誌より
 やっと台本とペアが決まり良かったです。
 明日のオーディション頑張ります。 T
 
0

2度目の台本ミーティング

 昨日は、体育祭だったので活動はオフでした。
 今日は基礎トレ後にウインフェスの台本についての
 2度目の話し合い。
 意見が言える人と言えない人がいて、
 決定を見ずに解散しました。
 部Tシャツが完成し、配布されました。

部日誌より
 台本選びはなかなか難しいなと思いました。
 この3連休でどれにするか考えて自分の中で
 納得のいくような答えをだしたいです。 N

 
0

今日は台本を4.5本読みました

 今日は、午後が体育祭予行で
 いつもより活動時間が長く取れたので、
 たくさん台本を読みました。
 『猫cafeの一日 女子会編2』作:烈
 『猫cafeの一日 女子?会編』作:烈
 『散者面談の母(面談中)』作:平良美菜
 『散者面談の母』作:平良美菜
 『青春、鉄味』作:平良美菜
 このうち、最初の2本は、8割同じ内容でした。
 どれも短い台本ですが、
 さすがにこれだけ読むと疲れました。
 ちなみに最初の2本は、はりトラから、
 後の3本は、入間向陽演劇部の卒業生の作品です。

部日誌より
 短い台本だからというのもあって今までにないほどたくさんの
 お話を読みました。この中から選ぶことになる(?)ので、
 自分たちもお客さんも楽しめる台本を選びたいです。 O
 
0