日誌

2020年3月の記事一覧

2020年度 川越坂戸地区春季演劇祭

新型コロナウイルスの感染防止のため、

この演劇祭は、中止となりました。

川西演劇部は、自主公演という形で

校内で上演を行うつもりです。

 

4月18日(土) 
13:00      開場
13:20~13:30  オープニングセレモニー
13:30~14:30  川越総合高校『西洋骨董事故物件』作:しろがねみどり
14:50~15:50  川越工業高校『エレベーター』作:黒羽英二
16:10~17:10  筑波大学附属坂戸高校『エア』作:筑坂演劇部(生徒創作)

4月19日(日) 
 9:40      開場
10:00~11:00  川越西高校『TとLのエチュード 「明日二人だけのロミオ&ジュリエットを」より』作:楽静
                                      潤色:成井 稔
11:20~12:20  川越女子高校『パーフェクト ウェディング』作:川女演劇部(生徒創作)
13:20~14:20  坂戸高校『未定』
14:40~15:40  星野高校『ダブリンの鐘つきカビ人間』作:後藤ひろひと 潤色:星野高等学校演劇部
16:00~17:00  川越高校『未定』
17:00~17:10  エンディングセレモニー

0

登校日がありました

 19日(木)は1年生、23日(月)は2年生の登校日でした。

 クラスで時間帯を変えたので、一人一人別々に

 これからの活動について説明しました。

 4月6日(月)から活動を再開して、

 中間考査前に上演することを目標に活動することを確認しました。

 4人目のOさんと話をしようとしたら、

 部長のTさんもまだ残っていたので、

 3人で大道具をアトリエ(視聴覚室)へ運びました。

 

 

0

川越坂戸地区春季高校演劇祭は中止となりました

 新型コロナウイルスの影響で、

 まったく稽古ができていないので、

 作品の上演が不可能であろうと判断して、

 中止となりました。

 その後、高校演劇連盟からも、

 開催を中止にするようにとの要請がきました。

 よって、各校ごと自主公演の形で

 春のお芝居を上演することになりました。

 

0