日誌

2022年10月の記事一覧

台本読み

 1人欠席。

 基礎トレ、縄跳び、ストレッチ、発声練習(屋上)。

 その後、台本を読みました。

 次の作品候補です。

部日誌より

 いろんな人の役を演じてみて、役作りが

 むずかしかったけど悪役とかもできて

 楽しかったです。 Y

0

中間考査が終わりました

 基礎トレ、縄跳び、ストレッチ、発声練習をして

 昼食休憩。

 その後『クロノス』(キャラメルボックス)

 をビデオ視聴しました。

部日誌より

 久しぶりすぎて忘れまくったり、

 スチレッチのリズムがとれなかったので、

 つぎがんばります。      I

0

ビデオを観ました

 基礎トレ、縄跳び、ストレッチ、発声練習。

 10月になったので、トレーニング用の音楽が代わり、

 縄跳びの時間が長くなり、

 発声練習では、スタッカート継続が70回に、

 滑舌例文も新しくなりました。

 久しぶりに屋上で発声練習をしました。

 その後、ビデオ視聴をしました。

部日誌より

 久しぶりのリーダーでうまくストレッチのカウントを

 とれなかったことがとても気になりました。 I

 

0

地区発表会の反省会

 出席停止だった部員も戻ってきました。

 それぞれに発表会を振り返って感想を述べました。

 誰もが上演したかったと考えていました。

 次に向かって頑張ります。

部日誌より

 自分たちの家族の注意不足で

 こんな事態になってしまい、本当に申し訳

 ありませんでした。これからは僕も絶対感染し

 ないよう気をつけていきます。     G

0

地区発表会が終わりました

 川西演劇部は、ビデオ上映参加。

 残念ながら録音状況が悪く、

 セリフが聞き取れない箇所が多数ありました。

 審査結果は、

 Aブロック(川越坂戸地区、南部地区、熊谷地区)20校中3位となり、

 残念ながら中央発表会には進出できませんでした。

 1位秩父農工科学高校、2位県立坂戸高校でした。

0

2022年度 埼玉県高等学校演劇連盟川越坂戸地区秋季発表会

開催日:10月2日(日)

会場:川越市やまぶき会館

入場は関係者のみです。

 9:45~10:45 川越西高校『放送→部LUCK!』作:成井稔(顧問創作)

11:00~12:00 坂戸高校『後夜祭は夕暮で』作:県坂演劇部(顧問創作)

12:40~13:40 星野高校『ダブリンの鐘つきカビ人間』作:後藤ひろひと(既成)

13:55~14:55 川越女子高校『マスクのとれない私たち』作:森宗弓果(生徒創作)

15:10~16:10 筑波大学附属坂戸高校『ヂュプリケイト・サンクス』作:ひよこ大福(既成)

16:25~17:25 川越総合高校『アダムと死刑囚』作:出囃子小林(既成)

役員参加:川越高校、川越初雁高校 

 

0

ビデオ上映参加となりました

 10月2日に実施される

 埼玉県高等学校演劇祭川越坂戸地区秋季発表会において、

 川越西高校演劇部は、

 部員の同居家族が新型コロナ陽性者になったため、

 その部員が発表会に参加することができなくなり、

 ビデオ上映による参加となりました。

0